2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

中部電力、サイバー防護高度化へ/慶大・日立と共同研究

2017/04/27  1面 

◆他社連携も視野に

 中部電力は26日、慶応義塾大学、日立製作所とサイバーセキュリティー分野で共同研究を開始すると発表した。サイバー攻撃時に3者が連携して対応する手法や早期に情報を共有する技術、事前検知技術の向上などを目指す。中部電力は研究成果を基に、将来的には中部エリアの企業や自治体、学術機関とも同様の取り組みへとつなげ、サイバーセキュリティーの確保に貢献する。

 中部電力、慶大、日立の共同研究は2018年3月末まで行う。

 中部電力は事務処理・監視・制御などのシステムを運用するインフラ事業者として、各種データやノウハウを提供する。慶大は研究の場を、日立はインフラ、IT、セキュリティー関連技術を生かす。

 それらを使って、3者はサイバー攻撃情報を自動的かつ早期に共有する技術や、情報共有時に外部漏えいを防ぐセキュリティー技術を研究する。さらにサイバー攻撃を事前検知する技術の高度化にもつなげる。

 中部電力は研究成果をベースとし、将来的には中部エリアの企業や自治体、大学などと同様の取り組みを目指す。それにより、同エリアをはじめ日本のサイバーセキュリティー確保に貢献していく。

 3者による共同研究の開始に先立ち、16年2月から慶大と日立はサイバーセキュリティー分野で共同研究を進めている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事