2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

福井県知事、関西電力高浜3、4号機の運転再開を容認

2017/04/27  2面 

西川知事(右)と会談する岩根社長(25日、福井県庁)

西川知事(右)と会談する岩根社長(25日、福井県庁)

◆岩根社長と会談、国民理解の促進など要請
 25日に福井県庁で関西電力の岩根茂樹社長から高浜発電所3、4号機の安全性向上対策について説明を受けた西川一誠知事は、面会後に「問題をクリアした上で運転開始の手続きを取って頂く」と述べ、運転再開を容認する考えを示した。関電は28日にも4号機から燃料装荷に着手する予定で、順調なら5月中旬に原子炉が起動する。関電は安全最優先で工程を進めると同時に、国民理解促進や中間貯蔵施設の県外立地など地元の要請に着実に応えていくことも課題となる。
 25日の面談で岩根社長は、高浜3、4号機停止中の維持管理や一層の安全性向上対策に加え、運転再開に向けた体制強化、トラブルの再発防止策などを報告。「全社一丸となって、安全を最優先に進める」と決意を伝えた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事