2017年7月20日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

高浜3、4号、運転再開手続きを開始/福井知事、関電社長と面談

2017/04/25  web面 

西川知事(右)と会談する岩根社長(25日、福井県庁)

西川知事(右)と会談する岩根社長(25日、福井県庁)

 関西電力の岩根茂樹社長は25日、福井県庁で西川一誠知事と面会し、高浜発電所3、4号機の運転再開に向けた安全性向上対策などを報告した。岩根社長は安全を最優先に地元をはじめ社会の理解獲得に全力を尽くす考えを伝達。西川知事は安全性確保はもとより、国民理解の促進や使用済み燃料の中間貯蔵施設立地への取り組みなども要請した。会談後、西川知事は再稼働には既に同意しているとの認識を示し、「問題をクリアした上で運転再開の手続きをとって頂く」と述べた。
 一方、岩根社長は「安全最優先、地元のご理解がないと原子力事業は成り立たない」と指摘。自らが先頭に立ち「安全管理体制、指揮命令系統、情報連絡、協力会社含めた安全意識を全ての事業において徹底する」と決意を述べた。
 高浜3、4号機は昨年3月に大津地方裁判所が運転差し止めの仮処分を決定。営業運転中の3号機、使用前検査中の4号機ともに稼働できない状況となったが、関電の不服申し立てを受け、大阪高等裁判所が抗告審で先月28日に大津地裁の仮処分を取り消していた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事