2017年7月20日木曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

16年度重電機器受注実績、2年連続のマイナスに

2017/04/26  4面 

◆内需堅調も外需で落ち込み
 日本電機工業会(JEMA)が25日発表した重電機器受注生産品の2016年度実績によると、受注額は前年度比3.2%減の1兆7219億円と2年連続のマイナスだった。14、15年度には及ばなかったものの、堅調な水準を維持している。内需は製造業が減少したものの、非製造業、官公需ともに前年実績を上回った。非製造業の大口需要先である電力業は同3.6%増の5262億円とプラスを確保している。外需は前年実績割れとなった。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事