2017年4月24日月曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

佐賀県知事が玄海原子力を視察/安全対策設備など確認

2017/04/20  2面 

移動式大容量ポンプ車について山口知事(左から2人目)に説明する今村所長(右から2人目)。瓜生社長(同3人目)も同行した

移動式大容量ポンプ車について山口知事(左から2人目)に説明する今村所長(右から2人目)。瓜生社長(同3人目)も同行した

 佐賀県の山口祥義知事は19日、九州電力玄海原子力発電所を視察し、電気式水素燃焼装置(イグナイタ)、移動式大容量ポンプ車や放水砲などの安全対策設備を確認した。九州電力の今村博信執行役員・原子力発電本部玄海原子力発電所長が山口知事に対し丁寧に説明を行い、瓜生道明社長も同行した。山口知事による視察は2015年1月以来2回目。視察後に行われた意見交換で瓜生社長は、東京電力福島第一原子力発電所事故のような事故は「絶対起こしてはならない」と決意を語るとともに、山口知事が九州電力に対して求めてきた3つの要請事項を踏まえた取り組みについて説明した。意見交換終了後に報道陣の質問に応じた山口知事は「(瓜生社長の)強い安全に対する思いを伺うことができた」と話した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事