2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

地層処分「科学的特性マップ」、有望地公表へ作業本格化

2017/04/18  2面 

◆提示時期は「全くの未定」
 政府は、高レベル放射性廃棄物の地層処分に特性のある地域を日本地図に反映させる「科学的特性マップ」提示に向けた条件を固めた。検討を進めてきた経済産業省の2つのワーキンググループ(WG)の議論が14日までに大筋で終了。今後、国はマップづくりの本格作業に入るが、当初「2016年内」を目標としていた提示の見通しはいまだ立たないまま。公表までの道のりにはなお曲折も予想される。
 ◇言葉遣いを修正
 「いよいよ、準備も大詰めを迎えたという印象だ」――。14日開かれた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の放射性廃棄物ワーキンググループ(WG)の席上、出席した委員からはおおむね好意的な意見が並んだ。懸案だった…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事