2017年4月30日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

産業・技術

東芝、超々臨界圧石炭火力の蒸気タービンなど受注

2017/04/14  4面 

◆インドネシアのタンジュン・ジャティB5、6号向け
 東芝は13日、インドネシアのタンジュン・ジャティB石炭火力発電所5、6号機向けに100万キロワットの超々臨界圧(USC)方式蒸気タービン、発電機、主変圧器を各2セットと、50万Vガス絶縁開閉装置などの関連機器を受注したと発表した。2019年2月から順次納入を開始し、5、6号機ともに21年に営業運転が始まる予定だ。東芝の受注額は非公表だが、建設プロジェクトの総事業費は約5千億円。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事