2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

アジア・オセアニア地域の落雷位置情報、ウェブ上で確認可能に/湘南工科大

2017/04/13  7面 

湘南工科大校舎屋上に設置されたLLS

湘南工科大校舎屋上に設置されたLLS

◆国内12ヵ所にシステム設置
 湘南工科大学電気電子工学科の成田知巳教授の研究室は、落雷位置標定システム(LLS)を全国12カ所に設置し、3月末から運用を開始した。これにより日本全域はもとより、アジア・オセアニア地域の落雷位置情報がウェブで確認できるようになった。成田教授は「研究成果を実用化することで安全・安心な社会を実現し、将来の快適な暮らし創造につなげたい」と意気込む。
 成田教授は、ドイツの大学教授らによる落雷位置標定ネットワーク構築プロジェクト「Blitzortung.org」(ブリッツ)の受信局を神奈川県藤沢市の湘南工科大学内に日本で初めて導入。東京大学をはじめ、全国の国立大学などを先導して共同研究を進めていた。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事