2017年4月30日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

近畿大学、3年ぶりに研究炉実習を再開

2017/04/13  1面 

教員の指導を受けながら学生が原子炉制御盤の操作を行った

教員の指導を受けながら学生が原子炉制御盤の操作を行った

◆起動から停止まで、一連の操作を実施
 近畿大学原子力研究所(大阪府東大阪市、伊藤哲夫所長)は12日、近畿大学原子炉(熱出力1ワット)を活用した原子炉運転実習を3年ぶりに再開した。近大炉は2013年12月に試験研究炉の新規制基準が施行されたことを受け、14年2月6日に停止。原子力規制委員会の適合性審査に3月17日に「合格」するまで、運転できない状況となっていた。12日は学生8人が実習に参加し、原子炉起動から停止に至る一連の操作を行った。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事