2017年6月25日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

北海道電力・火力技術研修センターで危険体感施設が始動

2017/04/12  7面 

今月運用を開始した危険体感研修施設

今月運用を開始した危険体感研修施設

◆危険への感受性高め労災撲滅目指す
 北海道電力は発電本部火力部の火力技術研修センター(北海道厚真町)に危険体感研修施設を設置し、今月から運用を始めた。近年、現場では危険に対する感受性を高める必要性が強く指摘されている。発電所保守を担うグループ会社の北海道パワーエンジニアリング(HOPE、札幌市、酒井修社長)、協力会社と一体で安全教育の充実を図り、労働災害撲滅を目指す。
 従来、HOPEが所有する危険体感研修施設はあった。北海道電力が…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事