2017年4月30日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

環境アセス短縮化へ取り組み継続/中環審小委、中間目標は「達成」

2017/04/07  2面 

 中央環境審議会(環境相の諮問機関)の環境影響評価制度小委員会(委員長=浅野直人・福岡大学名誉教授)が6日会合を開き、事務局から環境影響評価法の施行状況について報告を受けた。2016年度の環境相意見が62件に上ったことが紹介されたほか、環境アセスメント手続きの迅速化に向けた方策も検討。風力の「ゾーニング」も議題になった。
 事務局は、事業種別の環境相意見の提出件数を提示。16年度は風力発電所を中心に…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事