2017年5月24日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

15年度の電気死傷事故、工事・点検で約70%/NITEまとめ

2017/04/05  8面 

◆過去10年は横ばい傾向
 製品評価技術基盤機構(NITE)は、2015年度に報告された電気保安上重要な事故のうち、死亡や入院に至った死傷事故85件に着目した分析結果を取りまとめた。死傷事故自体は過去10年程度の推移でみると、横ばい傾向を示しているが、電気工事や点検で発生した事例が約70%を占める実態が分かった。さらに、どのような症状だったかを示す受傷状況は電撃傷65%、アークによるやけど18%、感電死12%だった。
 今回の分析結果は、21日に開催された産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)保安分科会電力安全小委員会の会合で…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事