2017年5月24日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

電動車両の充電時間、現行の3分の1に/チャデモ協議会

2017/04/03  4面 

出力が異なる2台の充電器を使ったデモンストレーション

出力が異なる2台の充電器を使ったデモンストレーション

◆急速充電規格を改定
 CHAdeMO(チャデモ)協議会は30日、電動車両の急速充電規格を改定したと発表した。これまでよりも高出力で電気自動車(EV)へ充電できるようになる。最大50キロワットだった実行充電出力が150キロワットまで上がり、充電時間は約3分の1になる。複数台の急速充電にも対応できる。チャデモ協議会は同日、三重県伊勢市で技術展示会を開き、その中で吉田誠事務局長は「年内に国内で(新型の充電器が)設置できるよう、安全性や互換性に関する検定の準備を進めている」と述べた。充電器のコストに関しては、これまでの1.5~2倍程度になるとみられる。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事