2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

原子力機構、「常陽」の安全審査申請/試験研究で再稼働へ

2017/03/31  2面 

◆再稼働時期は見通せず
 日本原子力研究開発機構は30日、高速実験炉「常陽」の原子炉設置変更許可申請を原子力規制委員会に行った。今後は試験研究用の原子炉施設として、審査会合を実施。初回の会合について、原子力規制庁は「調整中」としている。一方の現場でも、新規制基準に対応するため重大事故防止対策などを施さなければならず、年単位の工事が必要。再稼働の時期ははっきりしていない。
 茨城県大洗町にある常陽は、高速炉開発ステップの第1段階となる「実験炉」として…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事