2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

東芝が臨時株主総会/巨額損失巡り質疑

2017/03/31  1面 

◆メモリー事業分社化を承認
 東芝は30日に臨時株主総会を千葉市で開き、メモリー事業の分社化について承認を得た。質疑応答の中で、社外取締役で指名委員会委員長の小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長が志賀重範執行役(前会長)を会長に選んだ理由として、国内の原子力再編を前進させる狙いがあったことを明らかにした。
 総会では東芝の経営を危機に追い込んだ米原子力事業の巨額損失に意見や質問が集中。質問者数は東芝として過去最多の26人(40問)に達し、所用時間が過去2番目の長さとなる3時間30分に及んだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事