2017年4月26日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

総合

東北電力、東通村で2700戸対象に全戸訪問活動

2017/03/28  2面 

工程見直しについて住民に説明する東通発電所員(左)

工程見直しについて住民に説明する東通発電所員(左)

◆安全対策工事の工程見直しなど説明
 東北電力東通原子力発電所(金澤定男執行役員・所長)は22日から、東通村の住民約2700戸を対象とした全戸訪問対話活動を開始した。今年度は昨年7月と12月の2回行っているが、今年2月に新規制基準適合に向けた安全対策工事の完了時期を2019年度へ見直したことから、追加で実施した。対話活動は今月31日まで実施し、発電所員約220人が各戸を訪問する予定。
 同活動は、発電所員が村内の住民を直接訪問し、発電所に関する情報を提供するとともに、住民の意見を聞く機会として05年の営業運転開始以来、実施している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事