2017年5月28日日曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

地域

関西電力大阪南支社、「百舌鳥・古市古墳群」を古墳型花壇でPR

2017/03/24  5面 

造成セレモニーでゆるキャラに囲まれ握手する正野支社長(右)と北川市長

造成セレモニーでゆるキャラに囲まれ握手する正野支社長(右)と北川市長

◆世界遺産登録へ向け、機運醸成を支援
 関西電力大阪南支社(正野一太支社長)は、管内の自治体の「百舌鳥(もず)・古市古墳群」の世界遺産登録に協力する、応援PR活動を各事業場とともに展開中だ。その取り組みの一環として22日、羽曳野営業所に古墳型花壇を敷地内に設け、造成セレモニーを開催した。式には正野支社長、地元首長らが出席し、世界遺産登録への機運を高めた。
 同支社内の堺市、藤井寺市、羽曳野市にまたがる「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産国内推薦に選ばれるよう…



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事