2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

法人向けの独自EMS開発進む/東北電力

2017/03/23  3面 

◆エネ使用最適化へ、高圧顧客との関係強化
 東北電力は、独自のエネルギー管理システム(EMS)開発を進めている。同社は法人顧客によるエネルギーコスト削減のニーズや環境意識の高まりに対応し、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を生かしたEMSを開発。顧客のエネルギー使用状況をデータ収集して可視化させ、顧客ごとに最適な節電方法を選択可能にする。現在、同社の500件の顧客を対象に、システム運用を試行中。2017年度にシステム開発を完了し、18年度から本格展開する計画だ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事