2017年4月26日水曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

緊急時の避難基準/規制委が実用炉で見直し案

2017/03/23  1面 

◆核燃料施設にも策定する方向示す
 原子力規制委員会は、原子力災害時の住民避難を決める基準である「緊急時活動レベル(EAL)」について、実用発電炉で見直し案をまとめるとともに、核燃料施設にも策定する方向で考え方を示した。実用炉では、避難を伴う防護措置実施の最初の起点である「施設敷地緊急事態(SE)」や、事象がさらに進展し「全面緊急事態(GE)」を発動する際の設備基準を一部見直した。核燃料施設のEALは、施設の特徴に応じた設定を基本とする。規制委は事業者や内閣府を交え、詳細検討を公開の場で行うことを決め、28日に開催する方向で調整している。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事