2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

フォト

エネルギー環境教育体験館「きいぱす」、福井・美浜町で4月開館

2017/03/21  5面 

4月にオープンする「きいぱす」の外観

4月にオープンする「きいぱす」の外観

 福井県美浜町は17日、エネルギー環境教育体験館「きいぱす」が4月1日にオープンするのに先立ち、施設を報道陣に公開した。閉校した小学校の校舎を活用し「体験を通してエネルギー環境教育を体系的に学べる施設」を基本コンセプトに設定。情報提供の展示はもちろん、工作室や昔の農家暮らしを体験できる施設などを整備し、楽しみながら学習ができるよう工夫した。町内全小中学校の授業で活用するほか、県外からの来訪者も呼び込み年間入館者数4万7千人を目指す。
「きいぱす」の内部

「きいぱす」の内部


 「きいぱす」は、旧丹生小学校の校舎を改修するとともに、新棟や昔の農家を再現した建物なども整備。エレベーターやトイレに消費電力の表示を付けるなど、利用者に「気づき」を促す工夫を凝らしている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事