2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

清水建設など、埋め立てられた石炭灰のリサイクル技術を開発

2017/03/17  13面 

◆東北復興事業で活用へ
 清水建設は16日、東北電力などと共同で、石炭火力発電所から発生する石炭灰のうち、処分場に埋め立てられた石炭灰(エージング灰)のリサイクル技術を開発したと発表した。エージング灰にセメントと水を混合し、砂粒状のリサイクル資材を製造する。リサイクル資材は路盤材、盛土材に求められる品質管理基準・規格値をクリアし、土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の溶出量検査・含有量検査についても、同法の基準を満たす。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事