2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

[技術こそ電力の本質・関西電力流通部門]第1回・変電

2017/03/15  15面 

直営点検に取り組む関電の技術者

直営点検に取り組む関電の技術者

◆精鋭集め戦略的保全へ/ローテ制で技術力向上
 暮らしや社会にいっときも欠かせない電気。その安定供給を担う電力会社は、様々な電力設備を日夜稼働させ、人々が常に不自由なく使える環境を守ってきた。一方で電力の信頼度が高まり、停電が減れば減るほど、こうした裏方の存在は薄れがち。電力インフラを支える地道な努力が脚光を浴びることは少ない。関西電力流通部門の取り組みを例に、電力の安定供給という公益的使命を果たす人々の姿を追った。
 ◇直営技術力維持
 電力の安定供給にぶれない姿勢で臨む関西電力。直営技術力を手放さないのもその表れで、特に超高圧ガス遮断器は、メーカーに伍(ご)する保全技術力を身に付け、確実な高経年化対応とコスト削減努力を続けている。グループ会社への技術移管も進んでおり、これまでに、新機種などを除く8割以上の内製化を済ませた。直営技術力の維持にここまでこだわる電力会社は珍しく、災害時における設備の早期復旧、生産が打ち切りになった廃型機器への対応にも生かされている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事