2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

TOPニュース

東芝がWH非連結化を検討/海外原子力事業のリスク遮断へ

2017/03/15  1面 

会見する綱川社長(14日、東京・芝浦)

会見する綱川社長(14日、東京・芝浦)

◆19年度売上高4.2兆円に
 東芝は14日、子会社の米ウエスチングハウス(WH)を非連結化することを含め、海外原子力事業のリスク遮断に向けた検討を加速すると発表した。4月1日付で分社化するメモリー事業の過半の株を売却し、債務超過を解消。社会インフラを核とした事業領域に注力し、2018年度から安定成長に乗せたい考えだ。17年度以降のメモリー事業とWHの非連結化を想定し、16年度見通しの売上高5兆5200億円、営業赤字4100億円を19年度に売上高4兆2千億円、営業利益2100億円とする見通しも示した。
 19年度のエネルギー事業領域の売上高は火力・水力・地熱で減少を見込むものの、電力流通、国内原子力では売り上げ増を狙う。利益率は全分野で改善を目指す。サービス・更新事業、国内原子力の再稼働に力を注ぐとともに、水素関連事業で成長を図る。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事