2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

東北電力能代火力3号、ボイラー設置が本格化/安全祈願で立柱式開催

2017/03/13  9面 

「立柱の儀」を行う大野部長(右)と橋本所長

「立柱の儀」を行う大野部長(右)と橋本所長

 東北電力が建設中の能代火力発電所3号機で、ボイラー設置工事が本格化している。同社は7日、ボイラー設置工事の安全を祈願するボイラー立柱式を開催。大野貞彦・火力部長、橋本英雄・建設所長など東北電力関係者や工事関係者ら約100人が出席し、ボイラー支柱のナットをスパナで締める「立柱の儀」を行った。昨年2月に土木工事を始めて約1年。工事の進捗は今年2月20日時点で7.2%。今月20日には9.1%に達する見込みだ。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事