2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

工事・保安

関東保安協が技術発表会、茨城事業本部が最優秀賞/業務効率化で機器開発

2017/03/13  9面 

尾崎理事長(左)から最優秀賞の茨城事業本部の担当者に賞状が授与された

尾崎理事長(左)から最優秀賞の茨城事業本部の担当者に賞状が授与された

◆業務効率化で機器開発
 関東電気保安協会(尾崎功理事長)はこのほど、都内の本部で、2016年度事業本部技術開発発表会を開催した。全11事業本部が1件ずつ、電気保安分野で業務効率化や安全向上のために開発した機器や手法などを披露した。最優秀賞には、茨城事業本部が取り組んだ仮設発電機集中監視システムの開発が選ばれた。
 2日に開かれた同発表会は1983年から続き、今回で34回目となる。開催にあたりあいさつした尾崎理事長は「技術開発は個人の技術力の基となり、それが共有化され、組織に定着していく。諦めず継続していくことが大切」と述べ、研究開発を地道に進めていく必要性を強調した。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事