2017年4月25日火曜日
電気新聞
新聞購読案内 電気新聞デジタル

電力・エネルギー

リアルタイム市場、20年度創設へ検討着手/広域機関

2017/03/13  3面 

◆月内にも作業会発足
 電力広域的運営推進機関(広域機関)は、2020年度をめどとする需給調整市場(リアルタイム市場)の創設に向けて技術的な検討に着手する。有識者や一般送配電事業者をメンバーとする作業会を早ければ月内にも立ち上げ、調整力の機能に応じた分類方法などを検討する。
 一般送配電事業者は実需給の1時間前以降、周波数や需給バランスを調整する義務を負う。リアルタイム市場は、そのための調整力を実需給の前日などに入札で調達する場で、20年度の創設が予定されている。



>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください

同じカテゴリーの最新記事